中小企業等に対する金融円滑化対策について

中小企業金融円滑化法(以下「金融円滑法」という)というものがあります。平成21年12月4日に施行された法律です。内容はリーマン・ショック等のショックによる影響を受ける中小・零細企業を支援する趣旨で制定されたものです。内容は債務の弁済等について金融機関は柔軟に対応すべきとして、返済猶予・融資条件に柔軟に対応すべきとしてあります。データーによりますと、貸付条件を変更した企業は約370万件となっています。その期限が平成25年3月末をもって終了することになっています。

▲このページのトップに戻る