特徴1 経験30年のベテラン税理士です

私は昭和56年に開業し、30年間にわたり中小企業の経営者様をサポートしてまいりました。
医療法人、宗教法人、海運業、スーパーマーケット業、製造業、卸売業、協同組合など多様な法人様の顧問をさせて頂き、また、個人事業者の確定申告、相続税の申告も数多くしてまいりました。
この経験をもとに、税務申告にとどまらず、会社運営上でのアドバイス、売上増加、コスト削減、業務の効率化に貢献して参りたいと思います。


◆ 会社の実情に応じたアドバイスをいたします。

私は一度知り合った経営者さまとは数十年といった長いスパンで税務顧問をさせて頂いております。一つの会社には一つの歴史があります。時代にもまれ、景気の荒波を乗り越え、従業員の育成・管理に苦心し、会社を経営していく道にはいくつもの落とし穴や障害物があります。

私は30年の経験の中で多くの会社とその道を共に歩んでまいりました。

会社を設立して売上を伸ばしていく時期、売上を維持・拡大していく時期、景気悪化による売上低迷の時期、社長交代の時期、事業内容を見直す時期など、会社は子供が生まれてから成長していく過程と同じように、いくつものターニングポイントがあります。 

業種の違いはあっても、会社の年齢に応じた経営上の落とし穴や障害物があります。

その落とし穴を事前に埋めておけば安全に道を歩めます。

また事前に障害物のある場所を見つけられれば、それを避けて通ることが出来ます。

すべての落とし穴や障害物を事前にみつけることは不可能ですが、私は30年の税理士業務のなかで多くの落とし穴や障害物に遭遇し、そのたびに経営者さまと相談してお互いに知恵を絞り、解決を図りここまで成長してまいりました。

若い経営者さまに対しては、親のような心境でアドバイスする事が出来ます。

同年代以降の経営者さまに対しても、私の経験を通してのアドバイスはきっとお役に立つものと自信があります。

◆ 医療法人の設立からトータルにサポートいたします。

 開業にあたっての各種の届出、資金繰り、事業計画、調剤薬局の運営などサポートいたします。

◆ 小売業・スーパーマーケット業の運営に実績があります。

数千種類の商品を扱うスーパーマーケット店舗の運営をサポートしてきました。

仕入、販売、から従業員管理、給与体系の整備に実績があります。

◆ 海運業の経営サポートに自信があります。

海外運輸業においては、輸出入取引や船舶に関する経理があり、海外取引先との商習慣の違いもあるので経験の浅い税理士では対応が難しいものとなります。

当事務所ではこれまで十数年にわたり海運業の顧客さまをサポートしてまいりました。

この経験と実績をもとに海運業関連の法人様をサポートしていきます。

◆ 税務調査に対して豊富な経験があります。

税理士業務30年の経験の中で、お客様(納税者)の税務代理人として税務職員(課税庁)との折衝に当たってまいりました。
法人の税務調査、相続の税務調査と数多くの経験を重ね、お客様の不利とならないためには、日々の現金管理、税法に準拠した帳簿の作成、証拠書類の作成・保存が重要であると実感しております。そのために月に一度は税理士が御社を訪問してご指導いたします。
また、税務職員との折衝においては、臨機応変にポイントを押さえた対応をすることができますので、お客様をお守りすることができます。

特徴2 税務以外のビジネスについてアドバイスします

中小企業の経営者さまにおかれましては、売上の増加、コストの削減、業務の改善についての方策を日々ご検討されていると思います。私も税理士業務30年の中で顧問先の経営者の方との話し合いの中で、日々アイデアを考え提案させて頂いてきました。その都度が試行錯誤の連続であり、成功した事例もあれば、残念ながら失敗した事例もありましたが、この経験をもとにこれからも少しでも経営者さまのお力になれるようなサポートをしてまいります。

◆ 売上増加についてサポートいたします。

中小企業の経営者の方におかれましては、売上の確保と拡大が重要課題であります。

衣料小売業ではユニクロが売上・利益を伸ばしています。また、セブンイレブンでは低価格のプライベートブランド商品を前面に売り出しております。

世の中は変化し景気も動きます。この変化の波のなかで売上増加を目指すには、自社の特徴・強みを理解して、それをマーケットのなかでアピールして、顧客の利益・満足度に貢献していくことを考えましょう。

売上を伸ばすには、大企業の戦略を参考にして考えることもできます。

一例としては、プライベートブランド戦略で販路を拡大して売上を伸ばす方法があります。

御社の経理をしていく中で、経営者さまと直接にお話しをしながら、売上拡大の方策について考えて参りたいと思っております。

◆ コスト削減について 

無駄な経費を削減すれば利益が増えますが、そう簡単ではありません。

人件費を削減すれば良いのでしょうか。

安易にそれをしてはいけません。企業は人であり、給与の削減は働く人の意欲をも削減してしまうでしょう。従業員の勤労意欲を高めることは、経営者にとっての重要課題です。

日々の経理を適正に行い、固定費と変動費の分析、予算と実績の管理をし、費用対効果をみて、削減できるコストの洗出しをいたします。

たとえば、製品のパッケージを小さくすることができれば、運搬費、倉庫代を削減する事が出来ます。

経営者さまの目と私の目で日々の業務を見直し、コストの削減に取り組んで参りましょう。

◆ 業務改善について

御社の業務についての理解度は、私は経営者さまの足元にも及びませんが、30年の経験で多くの業種の現場を見てきました。その経験を御社の業務改善に活用できれば幸いです。 

 一日の作業項目を紙に書き出してみましょう。

その中で、いやな疲労感を感じる作業がありませんか。もしあれば、その作業には無駄や非効率な側面があります。一度で済むことを二度手間でしていませんか、作業動作を見直してみましょう。

日常的に使う道具はひとまとめにパッケージ化しておき、いつでも使える状態にしておきましょう。

こういった当たり前のことをすることでも、日々の蓄積により大きな違いがでるものです。

経営者さまの相談相手として私を是非ご利用・ご活用ください。

▲このページのトップに戻る