税務調査

税務調査とは税務署による申告内容の検討調査をいいます。

通常の調査は任意調査であり、通称マルサといわれている査察とは区別されるものです。

任意であるため税務署的にも事前の調査通知が必要ということが前提とされています。

通常は2週間から3週間まえに調査担当者より調査日の通知及び日程の依頼があります。

その後、日程調整のうえ実際の調査になります。

調査日は2日から3日が一般的です。

検討内容は種々あり、色々な技法をもって調査されます。

税務調査については受忍義務があり時間的・精神的な負担は我慢しなければなりません。

税務調査は感じのいいものではないのですが、第三者の目をもって事業の検討がされます。

なかなか厳しい指摘もありますが、監査法人に依頼しましたらとても高額になり、

それを無料にて見てくれることと解釈しますと考え方が変わります。

貴重な時間をとられますので、調査担当官に経理的な問題点についての改善方法などを

質問してみるのも有意なことと思います。

▲このページのトップに戻る