還付申告は混雑期を避け3月15日過ぎに

確定申告という言葉を聞きますと税法を知らない人でも3月15日までに申告しなけれ
ばいけないと分かっているみたいです。

ただ確定申告は色々なものがあります。

大きく分けますと税金を納付する場合と税金を還付してもらう場合があります。

税金を納付する場合は納付期限が3月15日なのです。

還付してもらう場合はいつでもできるのです。

〔5年経つと時効になり返してもらえる権利が消滅します。〕

 確定申告の無料相談会は各地で開催されますが、どこも混みあい大変なことです。
昨年お子さんの生まれた方は医療費控除により還付になることが一般的ですが、
還付時効は5年ありますのでこの混雑時期に赤ちゃんを連れていく必要はありません。

 確定申告の時期がおわれば税務署も落ち着き静かな環境で申告ができます。

署の人も余裕がありますので親切に対応してくれる事が期待できます。

 

▲このページのトップに戻る