不動産を売却した場合の確定申告

建物・土地を売却した場合で、税金が発生する場合は確定申告をする必要があります。不動産を売却した場合は、売却益がでた場合に税金がかかります。売却益は次の算式で計算した金額です。売却した金額−売却した不動産の取得価額−不動産業者に支払った手数料(例売却価格1,000万円・その取得価格700万円・仲介業者に払った35万円の場合は1,000万円−700万円−35万円=265万円です。)簡単に表示しますと値上がり分に課税されるものです。確定申告の際にはこの計算式を説明できるものが必要です。売却した金額は 売買契約書が該当します。同様に買った値段も買ったときの売買契約書が該当します。仲介手数料は不動産業者からの領収書が該当します。とりあえず特殊な売買を除きこの程度のもので確定申告は記入できます。ただ居住用の不動産の売買の場合は特別控除をうける場合は必要な書類は別にあります。 売買契約書をなくしてしまったなどの理由で買った値段が分からない場合は、当HPのなかの取得費が不明な場合の記事をご覧ください。

当事務所では安価にてお引き受けします。料金表をご覧ください。

▲このページのトップに戻る