電子申告の今後

個人の納税者さまで、PC操作がある程度でき、電子申告の環境を自宅に準備できれば、税務署ないし郵便ポストへ足を運ぶことなく申告書の提出ができて便利でしょう。


税理士業務においても電子申告はペーパーレス化や各種申告に係る事務コスト、時間コストの大きな節約となります。


税務行政においても、電子申告ソフトにより税務上のチェックがなされた電子媒体での申告書が人手を介さずに受理できるので、事務の効率化・人件費の削減となります。


電子媒体は紙媒体のような保存スペースを必要とせず、検索性に優れ、データの仕様を統一することで事業者、金融機関、証券取引所、財務省など官民での共通情報としての利用が可能となることでしょう。


ただし、メリットは常にデメリットがペアとなっているものであり、電子申告システムについても利便性の向上、情報セキュリティなどの課題について、システムの開発者・運用者・利用者が知恵を出しあって改善をし続けていくことが大切であると思います。

▲このページのトップに戻る