医療費が10万円以上あった場合の還付額

医療費が10万円以上かかった場合に確定申告をするといくら還付されるかは、

概算で算出できます。

サラリーマンの場合、給料の額によりますが

少なくとも次の計算式により算出した金額が戻ります。

 

[昨年に支出した医療費の合計−10万円]×5%

 

例) 昨年の医療費の合計が30万円の場合

[30万円−10万円]×5%=20万円×5%=1万円

 

(注)所得が200万円未満の場合は、上記10万円の部分は、所得×5%の額となります。

▲このページのトップに戻る