養子による相続節税を行う場合の注意すること

相続税の計算をする場合には相続人1人について1000万円の金額が、その財産の金額から控除できます。

相続人を増やす方法としては、養子縁組をすることにより控除額を増やすことができます。

例えばお嫁さんを養子にして控除額を増やすことができますが、少々気をつける必要があります。例えばお嫁さんを養子にする場合に、お嫁さんの両親が自分の子供は節税のために育てたのではないと泣いて抗議された場合があります。十分に話をしないとこの様な事態に陥ります。

▲このページのトップに戻る