遺産の分割について大事なこと

金銭については、遺族が分割することは簡単ですが、相続財産が土地のみの場合に、数人の遺族で相続する場合は問題が発生します。相続人の相続分に応じて共有登記すればいいのですが、登記後その相続した人が亡くなった場合は、その相続分についてまた相続が発生しますので所有者がさらに増えてしまいます。また土地ではなく金銭にて分配して欲しい人もいます。この問題を解決するためには、財産を残す方の判断のもと計画的に、分配の話をしておくか、分配可能な動産(現金・預金・その他分配可能なもの)を用意しておくことです。生命保険を計画的に用意しておく方法も一案です。
▲このページのトップに戻る