人が亡くなった場合の手続き

人が亡くなりますと、悲しい気持ちと看護疲れのなか、色々なことが嵐のごとく進みます。

精神的に追い詰められるためでしょうか親族間で口ゲンカになる場合もあります。

できましたら事前に親族にて分担しておくと安心ですし落ち着いて故人を見送れます。

人がなくなった場合はまず一週間以内にしなければならないことを処理します。

この一週間が一番大変と思います。

以後については専門家に依頼しても時間があるので何とかなります。

一週間ですることは故人の葬儀です。

 

臨終 → 葬儀社へ通知

        <利用が決まっている葬儀社がある場合はそこに連絡します。

          ない場合は病院に相談しますと紹介してもらえる場合もあります。>

→ 死亡届け → 納棺 → 通夜 → 葬儀・告別式 → 出棺・火葬

→ 遺骨回向 → 初七日法要 

 

現在は小家族もあり昔の習慣はなくなりつつあるみたいです。

例として通夜の席の食事には生ものが出ませんでしたが現在は刺身がでますし、

通夜についても昔は交代で線香が消えないように見ていましたが、

現在は一晩消えない工夫のされた線香があり寝ずの番はないみたいです。

遺族の疲労を考えますといいと思います。

▲このページのトップに戻る