遺言

人が亡くなると(相続が発生すると)その人の財産は誰かに

引き継がれます(相続されます)。

死亡した人が生前に、誰に何を相続させるか意思表示をしていない場合は、

民法の規定により相続が行われます。

その分配を指定したい場合には遺言により意思表示します。

遺言は次のような場合に利用されます。

@財産が多く、分配が複雑な場合

A相続する人が多く分配の際争いが生じやすい場合

財産の所有者と相続人全員が生前に話し合いをすることで、

争い事を回避することが可能になります。

相続に関係する人が全員で話し合いをして、

一番醜い相続権争いを避けることはとても大切なことです。

遺言の方法は法的には一定の形式及び手続きが必要ですが、

難しく考えないで、どんな財産があり自分の希望を書くことで

色々と考えることができ、それだけでも価値があります。

難しく考えないで一度書き出してみることをお勧めします。

コツは自分が死んだあとのことを想像して、

高いところから自分のいない家族の生活を眺め、

想像力をふくらませて書いてみることです。

▲このページのトップに戻る